【R6S】スモークの性能・役割・立ち回りを解説!初心者向け【レインボーシックスシージ】

こんにちは、こんばんは、いくらです。

今回はレインボーシックスシージのオペレーター・スモークの性能解説をしていきたいと思います。

あくまで初心者向けの解説となりますので、ご理解ください。

 

スモークとは

スモークはイギリスの特殊部隊SASに所属するスピード2・アーマー2の防衛側オペレーターです。

SASにはスモークのほかに攻撃側ではスレッジ・サッチャー、防衛側ではミュートが所属しています。

本名はジェームス・ポーター、1981年5月14日生まれで身長・体重は173㎝・70㎏です。

 

特殊アビリティ

スモークの特殊アビリティは遠隔ガスグレネードで、3つ持つことができます。

遠隔ガスグレネードはダメージ判定があり、投げてから起爆という形で使用します。

ガスグレネード1つにつき10秒ほど敵を足止めできる強力なガジェットです。

試合終盤で大きな力を発揮してくれます。

 

装備

 

メインウェポン

M590A1

 

メインウェポンはM590A1、ショットガンです。

ダメージ:48

連射速度:ー

機動力:50

装弾数:7

主に工事に使うショットガンですが、近距離戦では十分な殺傷能力をもった武器です。

スモークのメイン武器はこのショットガンを持っていくことをおすすめします。

画像の迷彩(ウェポンスキン)はダマスカス鋼です。

 

サブウェポン

SMG-11

サブウェポンはSMG-11(エスエムジーイレブン)です。

ダメージ:33

連射速度:1270

機動力:50

装弾数:16

連射速度が鬼のように高いサブマシンガンです。反動が大きいことと装弾数が少ないことが弱点ですが、タップ撃ち(射撃ボタンを押しっぱなしではなく連打すること)で圧倒的威力を発揮します。

敵との戦闘ではメイン武器のショットガンではなく、主にこちらの武器で戦うことになります。

ハンドガンを持つこともできますが、SMG-11の方が圧倒的に強いので素直にこちらを持っていきましょう。

 

ガジェット

ガジェットにはインパクトグレネード、または有刺鉄線を持つことができます。

ここは正直に言うと有刺鉄線を持ってきてほしいです。

スモークでインパクトグレネードを持ってくる人も結構いるんですが、工事はショットガンで済ませるようにして、有刺鉄線を持っていくようにしましょう。

 

スモークの役割・仕事・立ち回り

スモークの仕事はまずは工事です。

準備フェーズが始まったらすぐにショットガンで工事に取り掛かりましょう。(爆弾部屋のAB間を開通、落とし戸を開けるなど)

この工事が遅いと敵がラッシュを仕掛けて来た時に村人Bレベルの影の薄さのまま死んでしまうので、工事は手早く終わらせましょう。

工事をするにはある程度の知識が必要なので初心者には難しいかもしれませんが、とりあえず爆弾部屋のAB間は開通させるんだということだけは覚えておいて、後は徐々にやりながら慣れていくのが一番だと思います。

工事が終わったら武器はSMG-11に持ち替えて、基本的には現地籠るマンになります。

敵が詰めてきているのが分かったら積極的に遠隔ガスグレネードを使っていきましょう。特に相手がスモークグレネードを投げてきたら、被せるように使うと強力です。

また足の遅い盾持ちにも強力です。ただこのガスグレネードは敵同様味方にも攻撃判定があるので、フレンドリーファイアしないように気を付けましょう。スモーク本人はダメージを受けません。

スモークはプロリーグでも非常にピック率の高い強オペレーターです。興味がある方はぜひぜひ使ってみてください。

それでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。