【R6S】バックの性能・役割・立ち回りを解説!初心者向け【レインボーシックスシージ】

こんにちは、こんばんは、いくらです。

今回はレインボーシックスシージのオペレーター・バックの性能解説をしていきたいと思います。

あくまで初心者向けの解説となりますのでご理解ください。

 

バックとは

バックはカナダの特殊部隊JTF2に所属するスピード2・アーマー2の攻撃側オペレーターです。

JTF2にはバックのほかに防衛側のフロストが所属しています。

本名はセバスティアン・コテ、1980年8月20日生まれで、身長・体重は178㎝・84㎏です。

 

特殊アビリティ

バックの特殊アビリティはスケルトンキーです。

メインウェポンであるアサルトライフル、またはマークスマンライフルに付いていて、瞬時にメインウェポンとショットガンを切り替えることができます。

この能力によって、素早い工事(壁や床に穴を開けること)が可能になっています。

 

装備

 

メインウェポン

 

C8-SFW

一つ目のメインウェポンはC8-SFWです。

ダメージ:40

連射速度:837

機動力:50

装弾数:30

ダメージ・連射速度ともに高く強武器と言われているアサルトライフルです。

ただ反動が大きい武器なので慣れるまでは扱いづらいかもしれません。

ほとんどのプレイヤーがこちらのアサルトライフルを使用します。

 

CAMRS

二つ目のメインウェポンはCAMRSです。

ダメージ:69

連射速度:-

機動力:50

装弾数:20

ダメージの高いマークスマンライフルです。

まれにこちらの銃を使う方もいますが、初心者の方はとりあえずアサルトライフルをメインウェポンとして使うのがおすすめです。

 

サブウェポン

 

MK1  9mm

サブウェポンはMK1  9mmです。

ダメージ:48

連射速度:-

機動力:50

装弾数:13

ややダメージが高めのハンドガンです。

サブウェポンはこのハンドガン一択なので悩む必要はありません。

 

ガジェット

ガジェットにはスタングレネード、またはフラググレネードを持つことができます。

これは100%フラググレネードを選択しましょう。

フラググレネードを使用できるオペレーターは貴重である上に、バックの得意技である突き上げ・突き下げの幅が広がります。

 

バックの仕事・役割・立ち回り

バックの仕事はずばり、突き上げ・突き下げです。

初めてこの言葉を聞いた方に簡単に説明すると、

突き上げは下の階から上の階に向かって天井を抜いて攻撃すること。

 

突き下げは反対に上の階から下の階に向かって床を抜いて攻撃することです。

このゲームは床が抜けることが大きな特徴であり、バックのショットガンはこの床抜きに非常に優れています。

 

突き上げ・突き下げをするためには防衛ポイントの上または下の部屋をとらなければならないので、

しっかりとドローンを回して敵がいないかどうかを確認してから入るようにしましょう。

突き上げ・突き下げがしたいがために焦ってしまっては意味がないですからね。

また突き上げ・突き下げをバック一人で行うのは少々リスキーです。

というのもショットガンの音はかなり大きいので、夢中になってしまうと近づいてくる敵の足音が聞こえません。

そのためパーティーでプレイしている場合はもう一人サポートを呼ぶことをおすすめします。

 

さらにショットガンで敵の居場所を奪った後、フラググレネードでの突き上げも非常に強力なのでぜひ挑戦してみてください。

それでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。