【R6S】パルスの性能・役割・立ち回りを解説!初心者向け【レインボーシックスシージ】

こんにちは、こんばんは、いくらです。

今回はレインボーシックスシージのオペレーター・パルスの性能解説をしていきたいと思います。

あくまで初心者向けの解説となりますので、ご理解ください。

 

パルスとは

パルスはアメリカの特殊部隊FBI SWATに所属するスピード3・アーマー1の防衛側オペレーターです。

FBI SWATにはパルスのほかに攻撃側ではアッシュ・テルミット、防衛側ではキャッスルが所属しています。

本名はジャック・エストラーダ、1984年10月11日生まれで、身長・体重は188㎝・85㎏です。

 

特殊アビリティ

パルスの特殊アビリティは心拍センサーです。

心拍センサーは障害物越しに敵の心拍を検知することができる強力なガジェットです。

心拍センサーの検知範囲は9mで心拍センサー使用時からメインウェポンの発射までは約1.2秒かかります。

壁・床・天井越しから一方的に敵の位置を把握し、決め打ちをすることで威力を発揮するオペレーターです。

装備

 

メインウェポン

 

UMP45

一つ目のメインウェポンはUMP45です。(通称うんぴー)

ダメージ:38

連射速度:600

機動力:50

装弾数:25

威力が高く、レートの遅いサブマシンガンです。

ブレが少なく初心者でもかなり扱いやすい武器となっています。

近距離戦では、連射速度が遅いため撃ち勝つことが難しいので中距離で戦うことをおすすめします。

 

M1014

二つ目のメインウェポンはM1014です。

ダメージ:34

連射速度:-

機動力:50

装弾数:8

連射速度のあるセミオートショットガンです。

近距離戦や、壁越し・床越しでの戦いで威力を発揮します。

 

サブウェポン

 

M45 MEU (SOC)

一つ目のサブウェポンはM45 MEU (SOC)です。

ダメージ:58

連射速度:-

機動力:50

装弾数:7

ダメージの高いハンドガンです。装弾数が少ないのがネック。

 

5.7 USG

二つ目のサブウェポンは5.7 USGです。

ダメージ:42

連射速度:-

機動力:50

装弾数:20

M45より威力は落ちますが装弾数の多いこちらのハンドガンが初心者の方にはおすすめです。

 

ガジェット

ガジェットには有刺鉄線、またはニトロセルを持つことができます。

ここはニトロセルを持っていきましょう。

パルスの醍醐味と言ってもいいのが突き上げC4です。

[aside type=”normal”]*突き上げC4:心拍センサーで下の階から上の階の敵を検知し、天井に向かってC4を投げることでキルする技術[/aside]

心拍センサーとニトロセルの相性は非常に良いので、ぜひニトロセルを持って行ってください。

 

パルスの役割・仕事・立ち回り

パルスの立ち回りは大きく分けて2種類あると僕は思っています。

一つ目は心拍センサーを生かした遊撃。

二つ目は心拍センサーで仲間に報告を入れながら現地に籠る守り方です。

では、一つ目から解説していきます。

パルスは心拍センサーで敵の位置を探知することができるので、ある程度は安全に動き回ることができます。

また足3というスピードもあって、遊撃に適しているオペレーターだと思います。

心拍センサーを回して、敵がいるのかいないのかを確認して積極的に遊撃に行きましょう。

また心拍センサー使用中は無防備なので、心拍センサーを使う場所には気を付けた方がいいです。

壁越し、床越しに使うのが安全なのでおすすめです。

敵が動いているのであればしばらく観察して、止まったら壁越し・床越しに撃ってあげると一方的にキルが取れます。

 

二つ目の現地に籠る守り方はパーティーで行うと非常に効果的です。

防衛ポイント内で絶えず心拍センサーを回し、敵の位置を味方に報告します。

味方からすると敵がいる場所、いない場所が分かるのでとても戦いやすくなります。

AIMに自信がない方でも簡単に味方のサポートができるので、ぜひぜひ試してみてください。

 

心拍センサーを使う際の注意点としては、

・サッチャーのEMPグレネードで一定時間使用不可になる

・IQに逆検知される(IQは電子デバイスを見ながら銃を撃てるのでパルスは不利)

・無防備かつ銃を構えるまでが遅くなる

といったことがあげられます。

心拍センサーは非常に強いガジェットですが、使いどころを間違えると一瞬で死に繋がってしまうので気を付けてください。

それでは!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。