【R6S】TTSサーバーで防弾カメラを試してみた!【レインボーシックスシージ】

こんにちは、こんばんは、いくらです。

昨日の夜PC版のレインボーシックスシージが1900円で買えることに気づいて興味本位で買ってみました。

そしたらテクニカルテストサーバーなるものがあるではありませんか。

試すっきゃねえ。

 

防弾カメラ

次のシーズンから新たな防衛のガジェットとして加わる予定の防弾カメラを試してみました。

現時点で防弾カメラを使用できるオペレーターは、ミュート・キャッスル・ドク・フロスト・カベイラ・ヴィジルの6種類です。

壁に付けてみたところこんな感じになりました。

思ったより大きいんですね。

なんかかわいい。かわいくはないか。

 

カメラを見るとこんな感じでオペレーターは白く映るようです。

まさに防犯カメラのそれですね。

よく見ないと何のオペレーターか判別しにくいかもしれません。

また固定カメラやヴァルキリーのブラックアイと違って、カメラの視点を動かすことができないので設置する場所には気を付けたいですね。

 

 

 

壁と同様に床にも設置することができます。

 

ただ天井を向いた状態から動かすことができないので、あまり実用的ではありません。

 

壊し方

防弾カメラなだけあって正面からの銃撃は効果がありません。

ヒビは入っていきますが。

 

しかしこのように防弾カメラの側面から銃を撃ってあげると、

壊れます。

 

当然ですが壁を破壊しても壊れます。

また防弾カメラを直接殴ることでも壊すことができます。

このゲームにおいては「拳は銃よりも強し」なんですね。

 

防弾カメラの使い方

防弾カメラは自分の手の届く範囲にしか設置できませんし、でかいのですぐバレます(多分)

また視点を左右に振ることもできないので、ブラックアイのような使い方は難しいのではないかなと思います。

さらに敵が安全に壊せる位置にあってもあまり意味がない気がするので、防衛ポイントに設置することが多くなるというのが僕なりの予想です。

オレゴンの地下守りで階段下のディフューザー設置ポジションなんかが見れる位置に付けたりすると強いかもしれませんね。

新シーズン早く来い!

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。