【R6S】除外投票されやすい行為、その対処法・考え方。僕が除外投票について思うことまとめ【レインボーシックスシージ】

こんにちは、こんばんは、いくらです。

レインボーシックスシージをやっていれば多くの方が経験したことがあるであろう除外投票

除外投票をされて悲しい思いをした人、傷ついた人、ムカついた人、いろんな感情があると思いますが、

今回はそんな除外投票を入れられてしまった場合の対処方法や気持ちの持ち方などについて書いていこうと思います。

 

除外投票の正しい使い方

除外投票というのは本来、故意のTK(チームキル)や放置プレイなど悪質なプレイヤーを取り締まるためにあるものです。

嫌がらせをするためだったり、初心者を除外するためのものでは断じてありません。

ただ悲しいことに除外投票のほとんどが後者のために使われてしまっています。

というのもPS4版レインボーシックスシージの民度は殿堂入りと言われるほどに酷いもので、やばい人がたくさんいるんですね。

詳しくは後で説明します。

 

除外投票をする人・その心理

心の綺麗な方は「チームとして共に戦う味方に対して除外投票をするなんて考えられない!」と思うこともあるでしょう。

しかしここは魔境。そんな常識は通用しません。

ずばり除外投票をするのはどんな人なのか?

答えは小中高生だと僕は思っています。というかそうであってくれと信じています。

やはり3万円ほどで買えるPS4なので、子供が多いのは当然のこと。

サンタさんが届けてくれたというお子さんも多いでしょう。

子供が除外投票をしていると考えればまだ許せるという方もいると思いますが、問題は大人です。

 

実は僕の友達にも一人、息をするように除外投票を入れる人がいます。

成人している人なのである程度の理性はあるはずなのですが、どうして除外投票をしてしまうのか?

本人に聞いてみたところ、

「なんとなく」「おもしろいから」だと。

10年以上の付き合いですが、危うく友達をやめそうになりました。

このように除外投票をする人というのは、子供もしくはそれに値するやばい大人がほとんどです。

もし除外投票をされてしまうことがあったとしても、落ち込むことはありません。

 

除外投票されやすい行為

除外投票をされてしまう場合は、少なからず何か理由があることが多いです。

ここでは除外投票されやすい行為を紹介します。

 

オペレーターの即ピック

人気オペレーターは使いたい人も多いので、オペレーター選択画面になってすぐにオペレーターを選んでしまうと、

「俺が使いたかったのに(; ・`д・´)」

と怒って除外投票を入れる人がいます。

自分勝手極まりありませんが、ここは大人の余裕を見せてオペレーターを譲ってあげると解決することが多いです。

シーズンが始まった直後の新オペレーターは特に争奪戦が激しいので気を付けてください。

またオペレーターの即ピック自体が自分勝手だという意見もあるので、

少し時間を置いてからオペレーターを選ぶのがおすすめです。

 

TK(チームキル)してしまった

故意ではなくてもチームキルが起きてしまうことはあります。

相手が良い人であれば、次のラウンドに屈伸などをして「大丈夫だよ」と伝えてくれる場合もありますが、

相手が子供だったり、やばい人だったりすると間髪いれずに除外投票が入ります。

こういった人はほとんどの場合次のラウンドで仕返しのチームキルをしてくるので、大人しく途中抜けした方がいいと思います。

PC版であればチャット機能があるので「sry(ごめんね)」「np(気にしないで)」という大人の対応ができるのですがPS4版ではなかなか難しいものがあります。

そもそもチームキルはされた側が射線に入ってしまった場合も多くあるので、

故意ではないチームキルに対して除外投票をするのはやめましょう。

 

最後の一人になった

これは特に攻撃している時に多くあるのですが、味方が早々に倒されてしまって自分が一人残ってしまった。

こういった場面でドローンを使って慎重に攻めようとしていると、除外投票が入ることがあります。

これは本当に除外をしたいわけではなく「早く行けよ」という意味であることが多いです。

全く「先にやられたくせに何を言っているんだ」という感じですが、自分が暇なのがつまらないのでしょう。

こういった場合はお望み通り抜けてあげるか、一人で頑張って見返すというのがおすすめです。

 

ゲーム内VCを付けていた

これも意外と多いです。

シージでパーティーチャットではなくゲーム内チャットをしていると、

画面右の方に誰が喋っているか表示されるのですが、これも面白がって除外投票を入れる人がいます。

基本的にはゲーム内VCにはいかない方がいいでしょう。

 

ミスをしてしまった

AIMが悪くて敵が倒せなかった、防衛ポイントのAB間を補強してしまったなど人間にミスは付き物です。

AB間の補強は初心者あるあるですし、「それくらい勉強してからマルチに来い」という気持ちも分からなくはありませんが、

それだけで除外投票を入れるというのは器が小さすぎますね。

一緒にプレイしていても楽しくはないと思うので、こういった場合は即抜けるのがおすすめです。

 

除外投票されてしまった時の対処法・考え方

一生懸命プレイしていたけど除外投票を入れられてしまった。

そんな時は思い切って自分から抜けましょう。

一般的には「途中抜けは良くない」と言われていますが、除外投票があったときに関しては別です。

出来る限りの嫌がらせをしてから抜けろというような声もありますが、僕はそこまでしなくてもいいかなとは思います。

除外投票を入れていない人に迷惑をかけるのは嫌なので。

また除外投票の仕返しはやめた方がいいと思います。

埒が明きませんし、やっていることが幼すぎますからね。

 

除外投票を入れられてしまったときの考え方ですが、

相手は子供、もしくはそれに値する精神年齢の大人ですから、

あなたが落ち込んだり悲しんだりする必要は一切ありません。

こんなことに怒ったりムカついていたりしたらそれこそ子供なので、

大人の余裕をもって「味方に文句があるならフルパ組んだらどうかな?(さわやかな笑顔)」くらいに心の中で思っておけばいいでしょう。

ゲームは楽しむのが一番ですからね。

 

今後の除外投票

こういった現状から「除外投票は百害あって一利なし」「早くなくせ」といった声も多く上がっています。

しかし除外投票がなくなると本当に悪質なプレイヤーがチームにいた場合どうしようもなくなってしまいます。

なので除外投票は今後もなくならないと僕は思います。

除外投票の問題は匿名でできてしまうことだと思うので、

誰が除外投票を入れたのか分かるようにすれば、少しは嫌がらせなども減るのかなあなんて考えたりしています。

それでは!

2 Comments

匿名

初めまして。始めたばかりの初心者です。どうしても我慢できない時、途中抜けをするのはやむを得ないとおもいますが、すいません、その方法を知りません。よろしくご教示いただきたく、お願い致します。

you

初めまして!プレイ中PS4版でしたらoptionボタン、PC版でしたらescキーを押すと画面右上にメニューが表示されます。そこで「メニューに戻る」を選択すると途中抜けをすることができます。カジュアルマッチでは途中抜けに対するペナルティなどはないので、我慢できなくなったらどんどん抜けちゃいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。