【R6S】プロチームスキンが登場!野良連合スキンも今後発売の可能性あり!【レインボーシックスシージ】

こんにちは、こんばんは、いくらです。

six major Parisも遂に終わってしまいましたね。

僕はというとお盆時だったにも関わらず全試合リアルタイムで観戦してしまいました。

中でも野良連合の試合は思わず声が出るほど熱かったですね。

素晴らしい試合をありがとうございました。

【R6S】野良連合の選手たちが使用しているデバイスまとめ【レインボーシックスシージ】

さて毎回世界大会で発表される様々な情報ですが、今回も色んな新情報がありました。

オペレーショングリムスカイで追加される新オペレーター、ヘレフォード基地のリメイク、など楽しみな情報がたくさんでした。

そんな中僕が一番気になったのがプロチームスキンの実装。

今回はこのプロチームスキンについて僕が知っている限りでまとめていきたいと思います。

【R6S】プロチームスキンのヘッドギア・ユニフォームが登場!野良連合スキンはまだですか?【レインボーシックスシージ】

注意
追記:いろんな方の配信であまりにも間違えている方が多いので始めに言っておきますが、今回発売されたのはプロチームスキンです。多くの方が勘違いしているプロリーグスキンはこういうやつです。

プロチームスキンとは・価格・販売時期は?

まずプロチームスキンとはなんぞや?ということですが、

単純に武器につける迷彩のことです。

残念ながらオールラウンドスキンではないようですので、

好きな武器に自由に付けるということはできません。

さすがにオールラウンドは甘えですかね。

 

価格はまだ正式に発表されていないので分かりませんが、

1チーム2000円という予想が一番多いですね。

中高生からするとポンっと簡単に出せる金額ではないと思うので、

全て揃えるのはなかなか厳しいかもしれません。

PC版のテストサーバーにて、1チームに付き300creditで買うことができました。

またチャームは別売りで600creditで購入可能です。

注意
ショップの「セット」の一番下にスキンとチャームのセットが割引価格で売られています。スキンだけ・チャームだけ、という方は大丈夫ですが、スキンもチャームも両方欲しいという方はセットで買った方が安くなるので気を付けてください。僕はすべて買ってから気が付きました!!

デジタルコンテンツではないのでアカウントごとの購入が必要です。

このまま実装されればリーズナブルで非常にありがたいですね。

2000円予想はいい意味で裏切られました。

また収益の内30%がチームに渡るパイロットプログラムが導入されていて、

スキンを買えば直接チームを応援できるというシステムになっています。

 

販売時期は次期シーズン・オペレーショングリムスカイ開始と同時に発売されると言われています。

いつまで発売されるかはまだ分かりません。

 

発売予定チーム

今のところ発売予定チームは10チームあります。

では1チームずつ武器と合わせて紹介していきます。

 

SK Gaming

SK GamingはトゥイッチのF2です。

永遠にナーフされているオペレーターですが、

それでもかなり強い武器なので愛用している方も多いのではないでしょうか。

スキンは黒を基調としていてかっこいいと思います。

 

Evil Geniuses

Evil Geniusesはパルス・キャッスルのUMP45です。

2月に行われたsix invitationalに続き準優勝となったEGですが、

とても熱い試合でしたね。

スキンは青白でまとまっています。

 

Team Vitality

 

Team Vitalityはスレッジ・サッチャーのL85A2です。

野良連合戦の1on3クラッチは鳥肌モノでした。

スキンも黄色と黒を基調としていてかっこいいですね。

 

Team Liquid

 

Team LiquidはスモークのFMG-9です。

もう「どうして〜〜〜〜!!!!!」ですね。

スモークの武器はショットガン+SMG11と決まっているのに・・・

運営さんはどうしてもFMGを使わせたいんですかね。

「Liquidは絶対買う!」というコメントも多かったので少し残念です。

[aside type=”normal”]追記:SMG-11の反動が大きくなったことでメインウェポンにFMG-9を使うプレイヤーも見受けられるようになりました。今後はスモーク=ショットガンという考え方は変わっていきそうですね。[/aside]

 

Immortals

 

immortalsはミラのVector.45 ACPです。

これは配信でも大好評のスキンでしたね。

黒をベースとしたボディにエメラルドグリーン?のロゴが非常に映えます。

「一番かっこいい」というコメントも多くありました。

 

Ninjas in Pyjamas

 

Ninjas in PyjamasはグラズのOTs-03です。

僕個人としては最もかっこいいスキンだと感じます。

グラズ使わないけど。

また名前が日本チックなところも親近感が湧いていいですよね。

 

Mousesports

MousesportsはヴィジルのK1Aです。

これもかなりかっこいいスキンだなと思います。

配信では「プラズマピンクか?」という声もありましたが、

見たところ赤色に見えます。

 

Fnatic

Fnaticはスレッジ・サッチャーのL85A2です。

なぜTeam Vitalityと同じ武器かつ同じ配色なのかは全く分かりません。

ただFnaticは野良連合とも仲がとても良いそうですし、

チームロゴもかっこいいのでL85を買うなら僕はFnaticですかね。

同じアジアチームとして応援のためにもFnaticは買いかなと思います。

 

Rogue

RogueはバックのC8 SFWです。

これはもう配信でも大絶賛でしたね。

やっぱりバックと言ったら青のイメージが強いのでチームカラーとオペレーターチョイスがぴったりです。

僕の売り上げ予想はこのRogueスキンが1位です。

 

FaZe Clan

 

FaZe ClanはヒバナのType-89です。

これも赤黒を基調としていて無難にかっこいいですね。

今大会ではゴハンとカメラマンの喧嘩が印象的でした笑

 

Penta Sports

*10月6日追記

10月4日か5日にしれっと追加されたのがPenta Sports。

リージョンのT-5 SMGです。

G2ではなくPentaで出してきましたね。

リージョンのオペレーターカラーともマッチしていていいですね。

 

野良連合スキンの発売はあるのか・・・

さてここまで10チーム紹介して来ましたが、まだまだ有名なチームはたくさんあります。

特に今大会を制したG2のスキンがないのは何か意味があるんですかね。

単にPentaから移って間もないからでしょうか。

とにかくこのプロチームスキンはまだまだ続きがあると思います。

またこちらの記事で書かれているように日本は現在APAC地域の中でも高い注目度を誇っています。

今回のパリメジャーでも野良連合の試合では日本配信だけで1万人を超える視聴者がいましたしね。

またTwitterでのやり取りを見ていると野良連合が世界でも注目され、人気があるのがよく分かります。

「野良連合のスキンが欲しい!」という声も多く上がっているので、

野良連スキンの発売もそう遠くない未来で実現するんじゃないかな〜と思います。

長々とお付き合いくださりありがとうございました。それでは!

【R6S】野良連合における貴族さん、れいちる選手の偉大さ【レインボーシックスシージ】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。