普段使いにはG304が最強かもしれない【ロジクール G304 レビュー】

先日僕のお気に入り「ファイナルマウス」がお亡くなりになりました。

ホイールの軸が折れてしまっていたため、ブラウジングが不便でなりません。

ホイールってこんなに重要だったんだね。今までありがとう。

ということで、壊れた瞬間に新しいマウスをポチリました。

 

ロジクール G304

僕にとっては通算5つ目のロジマウスです。

これまでG403/G502/G703/G pro wirelessとゲームに特化した高性能・高価格のものを使ってきましたが、

今回は普段使い用なので、性能はそこそこ・手頃な値段というのがポイント。

その点G304は安心安全保証付きのロジクール製品で5000円以下、さらには無線という理想的なマウス。

ファイナルマウスのようなふにゃふにゃのケーブルでもない限り、使い勝手は無線マウスの方に分がありますね。

 

電池式という神仕様

ロジクールの中でもワイヤレスゲーミングマウスと謳っている商品は大体がケーブルによる充電式です。

それに対しこのG304は電池式。

単3電池一本で最長250時間駆動の優れものです。

G703を使っていた時は毎日寝る前にケーブルに繋いで充電する。というひと手間があったんですが、これが意外と面倒。

G304は1か月に1回電池を交換すればいいだけなのでストレスフリーです。

注意
接続はBluetoothではなくレシーバー式なのでUSBポートは空きません。ご注意を。

 

高さがないのが最高

G304は一般的なゲーミングマウスと比べると高さがありません。

これは完全に好みの問題ですが、僕はこういった背の低いマウスが大好きなんです。

かぶせ持ちユーザーにはこういう方が多いのではないでしょうか。

背が低くて、左右対称型。こういったマウスはあまり多くないので助かりますね。

 

安っぽい作り。だがそれがいい。

やはり1万円以上するようなマウスと比べると作りが安っぽいのは否めません。

ただ僕としてはこちらのプラスチックの質感も悪くないなぁと思います。

サイド部分にもラバーグリップがないのでサラサラしていて気持ちがいい。(早く全てのマウスから側面のラバー部分を消してくれ)

またロゴの部分が光らないというゲーミングマウスにあるまじき名采配。

僕はキーボードは光ってほしいけどマウスは光らなくていいと思っているタイプなのでこれには歓喜です。

 

まとめ

ということで今回はG304の紹介をしてきました。

5000円ほどの価格帯では敵なしのマウスではないかなと思います。

またブラックだけではなく、ホワイトがあるのも大きいですね。

ゲーミングデバイスはどうしても黒くなりがちですから、白があると選択肢が広がります。

おしゃれさんにもぜひ。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。