デュアルディスプレイからトリプルディスプレイにしたけど全く作業効率が上がらなかった話

ゲーマーなら誰もが憧れるもの。それが

Triple Display!

こんな感じで机に3つディスプレイを並べるやつです。

ゲーマーに限らず、PCを使う者にとってトリプルディスプレイは一度はやってみたいものですよね。

僕もトリプルディスプレイには少なからず憧れを持っていたので一度試してみたことがあるんですが、1週間で止めました。

理由は作業効率が全くと言っていいほど上がらなかったから。

僕と同じく憧れだけでトリプルディスプレイやりたいな~なんて方は今一度考えなおしてみてください。

 

人間の目、そんなに見れない。

もうこれに尽きます。

僕も思ってました。

「トリプルディスプレイにしたら~YouTube見ながら~Photoshopで作業しながら~あ、あとTwitter見ながらブログも書いちゃおうかなえへへへへへへ」みたいに。

まあ無理。余裕で無理。

人間の目は二つしかありません。

そんなにたくさんのことは一度にできません。

YouTube見ながら何か一つ作業。

本気でちゃんとやる時は参考資料を見ながら作業。

どちらにしてもディスプレイ2枚で足ります。

3枚はいらない。絶対。

???「いやでもYouTube見ながら参考資料出して作業したいじゃん!」

相当器用な人ならできるのかもしれませんが、僕には無理でした。

 

デュアルディスプレイが最強

モニター2枚→3枚の作業効率はさほど上がりませんが、モニター1枚→2枚は世界が変わります。

寧ろモニター1枚でどうしろというのかレベルですよ。

一度デュアルディスプレイを経験してしまったら、スタバでMacBookを開いている人を鼻で笑うようになってしまうでしょう。

もしまだノートPC一つで作業をしているような方がいたらぜひモニターを1枚用意して試してみてほしいです。

今のPCなら大体のものはデュアルディスプレイに対応しているはずですから、モニター1枚とケーブルを買うだけでデュアルディスプレイ環境が作れますからね。

 

まとめ

現在僕はPC用に2枚。PS4・Nintendo Switch用に1枚と3枚のモニターを使い分けています。

PC用に3枚というのは使いこなせる人が使えば強いのかもしれませんが、僕のような凡人は1枚持て余すことになると思います。

モニターが1枚増えればPCにかかる負荷も電力も増えますから、もう一度よく考えてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。