大学生になったらまずクレジットカードを作ろう!

大学生になるにあたってやっておくべきこと。

宿を借りる。家具を揃える。もちろん大切です。

ただ僕が最もやっておくべきだと思うのはクレジットカードの作成です。(最もは言いすぎたわ)

クレジットカードがあるとないとでは大学生活の快適さが大きく変わってくると僕は思います。

大学生になるとバイトができるようになるので自由に使えるお金が増えますし(高校生がコンビニでバイトしてるっていうありがちなやつ、僕の地元で見たことない)、一人暮らしとなると食材など買い物の頻度も増えます。

そうなってくると日々の生活の中、毎回毎回現金で買い物をするというのは「小銭ジャラジャラでワロタ」となってしまうんですよ。

 

クレジットカードは20歳からという勘違い

この勘違いをしている人が結構多いんですが、クレジットカードは18歳から作れます。(高校在学中はダメだけどね)

「まだ未成年だからカード作れないし…」なんてことも良く聞きます。

作れる!作れるぞ!良く調べるんじゃ!

ただ一つ注意しなければならないのが未成年の場合は親権者の同意が必要だということ。

この条件が追加されるので一人暮らしを始めてからだと親との相談がちょっと面倒になりますね。

僕の場合は親もカードでしか買い物をしないタイプの人間だったので「カード作るね~」「分かった~」みたいな感じで許可をもらえたんですが、中には「お前にカードなんか100年早いわ!!」みたいな親御さんもいることでしょう。

そういう人を電話越しに説得するのは困難ですよね。

家を出ていく前に頑張って許可をもらうのです。

利用は18歳から!未成年の方へのクレジットカード注意事項!

 

クレジットカードだと使いすぎちゃいそう

クレジットカードを持ってない人が「なんで作らないの?」と聞かれたときに答える言い分ランキング堂々の第1位(いくらさん調べ)

クレジットカードだと使いすぎちゃいそうという不安。

まあ分からなくもないですが、そういって現金を使い続けている人は事細かく家計簿でも付けているのでしょうか?

もし付けているのであればカードを持っても全く問題ないでしょうし、付けていないのであれば現金でもカードでも変わらないと思います。

というのも今の時代アプリで簡単にクレジットカードとの連携ができるので、自分がいくら使ったかというのは1円単位で分かります。

いくら使ったかというのはカードの方が圧倒的に明確で簡単に分かるんですよ。

これでもまだ不安だという方は本当にカードを持たない方がいいかもしれませんね。

もっとも始めからから不安を持てるだけ責任感のある人間であればそうそう使いすぎるなんてことにはならないと思いますが。

 

都心と地方では所有率が大きく異なりそう

これは僕の知り合いのみ・尚且つ未成年時点という条件付きですが、東京の大学に通っている人間と地元に残った・別の地方の大学に行った人間ではクレジットカードの所有率が全然違ったんですよ。

具体的に統計を取ったとかいう話は全くないんですが、圧倒的体感。

僕の大学では生協でカードが作れることもあって知り合いでカードを持っていない人はいませんし、なんならカードのブランドでマウントを取ろうとしてくるやつもいるんですが、

逆に地方の大学に行った友人でクレジットカードを持っていた人は全くと言っていいほどいなかったんですよね。

もう20歳になりましたからさすがに持っている人も増えていると思いますが、18歳・19歳時点での所有率というのは驚きがありました。

 

まとめ

という感じで今回は大学生(特に未成年)がクレジットカードを持つべき!という話でした。

今の時代オンラインショッピングがめちゃめちゃ盛んですし、なんならAmazon以外でそんなに物買わないですよね。

あとはサブスクリプション。SpotifyとかAdobeとか。

いちいちコンビニ支払いとか口座振り込みとかしますか?

したくないですよね。

そういうことです。

それでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。