僕は大学生のノリについていけない

こんにちは、ゆうです。

大学生になってから毎日思っていることがあります。

ノリについていけねぇ…

いわゆるウェーイ系ってやつですか。本当に無理。

このまま一人ぼっちで生きてくことになるのかな…

飲み会が怖い

つい先日GWにサークルの合宿に行ってきたのですが、もう恐ろしかったです。

割と地味で硬派と言われることが多い僕が通う大学ですが、ゲームをし、負けたらまずい酒を飲むという地獄のような作業を深夜まで永遠と行なっていました。

僕は一滴も飲まずにすぐに部屋に戻れたので良かったのですが、他の人たちは夜通し吐きまくっていました。

何が楽しいのか。正直理解できません笑

そもそもお酒は20歳からですしね。

こういうことがあるから飲み会が嫌いな若者が増えるんじゃないんですかね。僕もその一人になりました。

お酒を飲んだこともないのにお酒が嫌いになりましたよ笑

少なくとも20歳になるまでは周りに流されてお酒を飲むようなことはしたくないですね。

僕は一人が好きな人間なのかもしれない

僕は小学3年生から野球をやっていたので集団行動には自信がありました。

ただそれはきちんと規律のとれた集団に限りということに気づきました。

大学に入って自分は本当に恵まれた環境で育ったことを知った。

当たり前。できて当然。そう思っていたことができない人が沢山いる。

良くも悪くも大学にはいろんな人がいる。

一人でいるのも自由で楽で素晴らしいけれど、できるだけいろんな人と会って自分の知らない世界を知ってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。