ユニクロユーの2018年春夏コレクションが公開!おしゃれなアイテムを見ていこう!

お洒落の極地だ ファッションセンター♪

どうも いくら です。

ユニクロユーの2018年春夏コレクションが発表されましたね。

今年も楽しみでございます。

まだ商品が手元にあるわけではないのですが、良さげな商品を一緒に見ていきましょう。

 

「Uniqlo U (ユニクロ ユー)」の2018春夏コレクション 自然界のカラーにインスパイアされた鮮やかなコレクションを展開

ユニクロは、人々のあらゆるライフシーンをより快適に豊かにする服、LifeWearの新提案ライン「Uniqlo U (ユニクロ ユー)」の2018年春夏コレクションを、1月26日(金)から国内のユニクロ店舗及びオンラインストアで順次発売します。
「Uniqlo U」は、ユニクロパリR&Dセンターのアーティスティックディレクター、クリストフ・ルメール氏率いるデザインチームがお届けする、ベーシックな服に革新をもたらすコレクションです。常に進化しつづける「未来のLifeWear」として、デザインやパターン・素材開発・縫製方法において、先駆的なアイディアを積極的に取り入れています。本コレクションは、空・海のブルーや森のグリーンなど、自然からインスパイアされた色鮮やかなカラーを取り入れ、程よいオーバーサイズ感で絶妙にリラックスできるシルエットに仕上げています。撥水・防風素材の採用やシームテープ加工など、機能性にもこだわり、ウィメンズ50型、メンズ38型、グッズ8型のラインナップで展開します。

■キーカラーは「ブルー」と「グリーン」、ストライプやボーダーの柄も展開
今シーズンの「Uniqlo U」は、春夏らしい鮮やかなブライトカラーのアイテムが登場。空や海からインスパイアされたブルーと、森や草花を意識したグリーンが、シーズンを通してキーカラーになります。また、アクセントカラーとして、オレンジやレッド、ストライプやボーダー柄などを取り揃え、着こなしの幅をさらに広げます。注目のアイテムは、ウィメンズとして初めて登場する太めのストライプ柄が特徴的な「オープンカラーシャツ」と、メンズはしっかりしたヘビーウェイトのコットン素材を使用したマルチカラーの「ボーダーT」。どちらも爽やかな着こなしにぴったりのアイテムになっています。

■撥水・防風機能を兼ね備えたブロックテック素材を使用したハイスペックなコートが登場
撥水加工及び防風機能が付いた、ハイスペックなコートが登場します。ウィメンズの「ブロックテックショートコート」は、ドローストリングのウエストですっきりとしたスタイルを実現。表面をマットに仕上げることで、タウンユースのアイテムになった上に、内側の湿気を逃がす透湿機能も付いたコートです。メンズは、シャンブレーツイル素材に撥水・防風機能が付いた「ブロックテックコート」が登場。クリーンなシルエットで、天候を気にせずオンでもオフでも羽織れるアイテムになっています。

■好評の3D U-Knitとスイムウェアは、シームレスで快適な着心地
前シーズン好評だったホールガーメント技術を使った3D U-Knitが、さらっとした肌触りが特徴のハイツイストコットン素材で登場します。袖口とウエストに幅広のリブ編みを施し、立体的な丸みのあるシェイプを実現した「3Dリブバルーンセーター」と、フィット&フレアでフェミニンなシルエットの「3Dクルーネックバルーンワンピース」の、ウィメンズ2型で展開します。
また、シーズン後半に発売予定のスイムウェアは、縫い目をできるだけ減らすことで、快適な着心地になりました。ストラップが取り外し可能でバンドゥ型にもなる2wayタイプのビキニが新たに登場する他、動きやすいホルターネックのワンピースタイプや、バイカラーがポイントのビキニのセットアップなど、全6型で展開予定です。

■「Uniqlo U」 2018年春夏コレクション 詳細
発売日:      2018年1月26日(金)から順次発売予定
販売国:      日本を含む19の国と地域の店舗及びオンラインストア
販売店舗:     フルラインナップは、60店舗とユニクロオンラインストアにて販売予定
※一部商品を国内全店舗で展開します。
商品ラインナップ: ウィメンズ 50アイテム/メンズ 38アイテム/グッズ 8アイテム
展開サイズ:    ウィメンズ S-XXL / メンズ S-XXL
※一部全店舗商品はXS-4XLも展開予定
※XS, XXL-4XLはオンラインストアで展開予定

商品価格帯(本体価格):
アウター:   ¥ 4,990 – ¥12,900 (+消費税)
パンツ:    ¥ 2,990 – ¥ 3,990 (+消費税)
スカート:        ¥ 3,990 (+消費税)
シャツ:         ¥ 2,990 (+消費税)
カットソー:  ¥ 1,000 – ¥ 4,990 (+消費税)
ニット:    ¥ 1,990 – ¥ 4,990 (+消費税)
ワンピース:  ¥ 1,990 – ¥ 4,990 (+消費税)
スイムウエア:  ¥ 990 – ¥ 2,990 (+消費税)
シューズ:   ¥ 2,990 – ¥ 3,990 (+消費税)
バッグ:    ¥ 2,990 – ¥ 3,990 (+消費税)
ベルト:          ¥ 990 (+消費税)

※上記価格帯は現時点の計画であり、変更の可能性があります。
※詳しくはウェブサイトをご覧ください。
uniqlo.com/UniqloU

プレスリリース

 

とまあこんな感じで公式サイトに書かれていました。

どうやら自然界のカラーにインスパイアされているようですね。

アースカラーは馴染みやすいので使いやすいんです。あざます。

 

アウター

 

ブロックテックコート+E

ボタンが見えないタイプのステンカラーコート。

ユニクロのチープなボタンを隠してくれます。

撥水加工、防風機能付きと書いてありますがいかほどのものか。

 

スイングトップブルゾン+E

ジップアップタイプのブルゾン。

ボタンよりも開け閉めが楽なのでブルゾンを持っていない方は一度試してみるといいかも。

 

コットンパーカー+E

少し気になっているアイテム。

友達が着ていたノースフェイスのパーカーに似てる。

ジップが首あたりまで上がりそうだし、フードの立ち上がりも良さそう。

一度着てみたいんぐ。

 

セーター・カーディガン

 

コットンカシミヤカーディガン(長袖)+E

 

「繊維の宝石」カシミヤがブレンドされたカーディガン。

襟の形がキュートなのでワンチャン女子から「KAWAII~~~~」と言われる可能性もなくはない。

また優等生ぶることも多分可能。

そんなカーディガンだと思う。

 

コットンカシミヤクルーネックセーター(長袖)+E

こちらもカシミヤが5%配合されたニット。

このピンクの色が気になりすぎる。

この画像のままの色であれば、少々派手だが即買いしたい。

 

コットンモックネックセーター(長袖)+E

 

コットン素材のモックネックセーター。

モックネックに加え、ドロップショルダーにもなっているので一枚でもおもしろいニット。

色も良さそう。

 

シャツ

 

オープンカラーシャツ(長袖)+E

 

一番気になっているシャツ。

オープンカラー愛してる。

昨年の半袖オープンカラーシャツも好評だったのでこれにも期待できる。

ただ過度な期待は外れた時のショックが大きいのでほどほどに期待しよう。

このパープルの色も春らしくてスッバラシイヨ麦野君は!な感じになっている。

加えてスリットが入っているように見える。

スリットスリットスリット。

 

オープンカラーシャツ(半袖)

今年も出たか。

昨夏大人気で売り切れも続出していたあのオープンカラーシャツが帰ってくる。

おそらく大体は去年のモデルと変わらないだろう助動詞む。

色も追加されているようなのでしっかりチェックしたい。

 

カットソー

 

スウェットプルパーカ(長袖)+E

毎度おなじみユニクロユーのパーカー。

とりあえず何個持っていても困らないし、これさえ持ってれば何とかなるっていうアイテム。

今季はこの目がチカチカするカラーを狙っていきたい。

 

 

ロング・アンクルパンツ

 

ワイドフィットタックパンツ(インディゴ)+E

 

ボトムスで一番楽しみなのがこのパンツ。

インディゴの色が非常に良さそう。

またタックの入っているデニムってあまりないと思うので多分レア。

 

ワイドフィットテーパードジーンズ+E

 

こちらの記事で紹介しているジーンズの春夏バージョンかな?

今はワイドでテーパードがかかっているジーンズが今一番すきなので、無難に欲しい。

ワイドパンツに抵抗がある方にもおすすめできる。

 

まとめ

なかなか面白そうなアイテムが多いですね。

中でも長袖のオープンカラーシャツは絶対にゲットしたい。

また、春らしいカラーにも注目ですね。

追加情報があれば随時更新していきたいと思います。

それでは!

ユニクロ公式オンラインストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。